読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

もうね。。

SNSって本当に、致命的にダメなのかもしれないね。

結局、「つながれる」とか言っときながらぶち壊してばかりな気がする、

特に私のような豆腐メンタルの人間には。。

 

 

前にさ、もう今はなくなった、某サービスがあってさ、

そこって本当につながりが薄いというか、

基本的に自分のつぶやきのみがメインで、

フォローとかフォロワーとかもそんなに重視してない、

日記ツールみたいな感じだったんですよ。

メモ的なツールというか、ひとこと日記みたいな。

コメントだけはつけれる、という感じのね。

 

そんだけ薄い、基本、自分の生活の記録だとか、写真でひとことだとか、

そういうところでさえ、結局、

見た目がV系の男とビッチ女に荒らされに荒らされたからね。

 

その男が少しタチが悪くて、アクセス数を自慢したり、

自分にコメントくれる人をランキングつけたりして、晒し上げ、

晒されたほうは「いやーん♪」みたいな感じでまんざらでもなさそうで、

でも全部人妻なの。

しまいに自分の妹やら身内の写真まで晒し始めて、

ビッチ女と公然といちゃつき出し、

みんなのストレスがピークに達した頃、そのサービスが終わるってなって。

というか、そうなる前に私が放置したんだっけ。。。

 

そこでのやりとりが何か生んだかといえば、

ただただ、人妻とV系のクソなやり取りと自慢を見せ付けられて不快だっただけであり、

そいつらに何か残ったかどうかなんてよくわからんし。

人妻の一人は(何人かいた)、

ひんぱんに「俺の好きな女」的に晒しあげられることに耐え切れず、

「もう私のことブロックしてください」

とか病み始めるし、もうなにがなにやら。

 

 

…だからさー、あれの使途は日記っていってんじゃん。

個人の生活の記録とかメモって書いてあんじゃん。

コメント機能はあくまで補足的なものなんだよ。

 

どのようにサービスを改善しても、あんなふうにしか使わないなら、

もうしょうがないよな。。。

 

ツイッターがまだそこまで普及してなかった頃も、

チャット感覚で私のタイムラインでいちゃつくバカが現れて、

悩んだ挙句結局ブロック。

当時はミュートの機能とかないから丸見えだったし。

自分何もしてないのにストレスMAXなんですけど。

 

結局みんな道具に使われるだけなら仕方がない。。。。