読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

うーん。。

www.j-cast.com

まぁこれちょっと古い記事なんだけどさ。。

 

やっぱミスチルは誤解されているというか、

「押しも押されもせぬモンスターバンド」

みたいになった後からしか知らないファンがほとんどということですかね。

だって私が初期の頃に「イラッ」とした曲が、

この発言とはちょっと相容れないもんだから。。

 

「every body goes~秩序のない現代にドロップキック~」

っていうのがミスチルの曲であってさ、

けっこう社会批判みたいな曲なのよ。

で、当時全盛だった音楽って、そういうものじゃなかったし、

メジャーシーンにいるバンドがそういうことを言うのも好まれなくて、

なんとなくこれは違和感があった。

清志郎とかブルーハーツとかがそういうことを言うならいいんだけど。。

「なんか、売れ線の曲歌って売れたバンドでしょ?

なんで急に社会批判とかしたの?」という違和感。

 

だからこの記事みたいな発言があったとしたら、

「え?よく言うなあ」と思うし、

アジカンの人が政治についていろいろ言っているとしたら、

「いいじゃん、バンドなんだし。ロックなんだし」

という感じで、別に何の悪感情もない。

もともとパンクの人とかは理屈っぽいし、

政治に関する発言も普通だったし。

 

要はミスチルの立ち位置なんじゃないかなあ。

ロックでもカウンターカルチャーでもサブカルでもない人が、

問題意識とか表現しても「うーん」という感じだし、

「政治的なことを言うべきではないと思う」

「環境問題を語るなどもってのほか」とかさ、

なんなん?なんでそんな上から偉そうに言うの?みたいな、

かえってイラッとさせるようにしか見えない。

自分がこうだと思ってることがあったとしても、それを淡々とやればいいだけで、

他のアーティストのやってることを「そういうことをすべきでない」とか、

「アーティストは全て音楽の中で表現すべき」とか、

いちいち言うこと自体無粋に思える。

それこそが、環境問題語るよりもよっぽど批判的態度というか、

「俺は周りとは違う」と言いたいだけのように見える。

 

だから根本的に私は合わないのよ。

あの曲のことを執念深く覚えてるくらいなんだから、

よほどなんかうっとうしかったんだろうし、

今の朝ドラの曲にしても、

歌詞は聴き取りづらいし理屈っぽい。

 

私は多分、そこまで複雑な思考ができないので、

そういう持って回った感じは好きじゃないんだよなー。

社会批判するなら、もっとストレートなパンクやロックが好きで、

イヤなことはイヤと普段から言えるというか、

わかりやすく暴れたりするバンドとかの方がなんか好き。

自分のこだわりや好みで、あえて社会批判的なことを歌詞には盛り込まない、

というアーティストは少なくないと思うけど、

だからといってそういうことをしている人を批判するとしたら、

「本当はもっと政治的なことを言いたいんじゃないの?」

とうがってしまう。

「全て音楽で表現すべきだ」というなら、それこそ、

音楽で完結できるべきで、

「アーティストはこうあるべき」みたいなのを言う必要ないと思うんだけど。

 

私自身は、ミスチルがデビューした頃のことしか知らないし、

なんとなくの好みで全く通ってこなかったし、

メディア通して見えてくる雰囲気が好きになれないので、

ただそれだけの理由で聴かないし、好きとかは全然ない。

正直言って、音楽的に自分が面白いと思うバンドではないんだよね。

あと、内省的な歌詞でも、あんまり好みではないというか、

もうV系くらいいっちゃってるほうがなんかまだ好感もてるというか。。

まぁ鬼門なのかもしれないな。。