読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

ううーん。。

さっき羽生君が、どっかのインタビューで、

「こういう、4回転でしのぎを削る時代にスケートができて幸せです」

みたいなこを言ってたけど、

おめーがそういう時代にしたんだよ、と突っ込みたかったね。

4回転時代になったのはあんた発信じゃん、と。

これまでただただいい子ちゃん発言だけだったのが、

ついにギラッとしたもん出た、という感じ。

 

四大陸の、4回転バトル見て、

4回転を5回跳んだ選手に大ちゃんが、「恐怖しか感じないです」とか言ってたのも、

どうかとは思いますが、

要は、羽生君はそういう人らの時代を「ヌルいな」と思ってたわけで、

プルシェンコが言ってたことを引き継いだわけだから、

今の時代の空気作った張本人が羽生君なわけですよ。

 

んで、何故そんなことを言うかといえば、前にも書いたけど、

スケートファンからすると、今の時代がそんなに、言うほどは面白くないからだよね。

4回転を何回跳んだ、点数何点出た、の世界でしかないから。

大ちゃんのスケートから入ってる私から見ると、

「まおちゃんがトリプルアクセル跳んだ、跳ばない」に近いものがあって、

プログラムってそれだけのものなのかと。

 

大ちゃんにあこがれてるという宇野君には期待するけど、

4回転ジャンプは「プログラムの添え物」という気持ちでいてもらいたい。

一般的には、「男子シングルで初の金メダルを取った選手」しか、

記憶に残らないだろうし、のちのちまでそうなるでしょうが、

真のファンを獲得するのは誰かということ。

のちのちまで、アイスショーとかでスケートに関わることになるなら、

点数だけでは人を惹きつけることはできない気がするなあ。

 

難しい問題ですけどね。。