読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

んー。。

私が「普通の世間」に生きていて、きついなと思うのは、

ネガティブな感情の扱い方ですかね。

簡単なところから言っても、「今落ち込んでる」みたいな状態すら、

社会は人間に許してはくれない。

 

何故かといえば、沈んでいたり暗い顔をしていれば即座に

「どうしたの、何かあったの」みたいに言われ、

すぐさま「ううん、なんでもない、大丈夫」と装うことを求められ、

心配というよりうざがられる。

私はそういう家庭に育ってきたし、学校なんかでも概ねそんな感じだったので、

なのでロックとかサブカルチャーにのめりこんでいった。

 

ロックなんか特に、ネガティブな感情を持つことを全然否定されない。

むしろ本音に近ければ近いほど作品としてはいいものになるし、

不満とか呪詛みたいなものをいろいろ持っているのが人間、

この社会に生きていればそうならざるを得ない、そういう感じだった。

 

それがさ、一般社会に生きていると、

のっぺらぼうのように判で押したような「笑顔」を要求されるでしょ。

接客のときとかは仕方ないけど、

常に「いい子」みたいなのを結局求められる(一個前のエントリーにリンクした記事のブコメのとおり)。

ロックといえば、学校なんかでもカースト上位の人間の世界と思われているかもしれないけど、

私が若いときはロックなんて全然そういうものではなかった。

「他に行き場がない人の吹き溜まり」みたいなものだった。

今はもう、やたらと健全な世界に様変わりしてしまい、

ギターのスクールに行っていてさえ、ネガティブなことを口に出すと、

けっこう引かれたり、相手が戸惑ったりする。

 

今の時代は特にひどくて、やっかいな時代になったなと思う。

ネットのブコメでさえそんな感じだから。。

結局みな、炎上する前のベッキーのようにのっぺらぼうの、

陰影も何もない単なる「いい子ちゃん」だけを望んでいるんだろう。

人間なんてそんな単純じゃないと思うけど。

 

昔はもっと頭のいい人がメディアにいたし、

目にすることができてたけど、

今はもう、テレビとかも全滅だなあ。。