diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

おー。

まだブログや個人日記でBBS書き込みとか、

そういうふうに交流できてた頃ならいいんだけど、

ツイッターのようにすぐに拡散とかされる場ではものが書きづらい。

 

ツイッターは「バカッター」と呼ばれる前までの交流で満足なので、

今はもう、リアルの知人以外と交流する気は起きないな。。。

 

そんなわけで、前回は津田さんとの対談で、原発界隈の話だったのが、

今回は単独で、著書についての東さんの講演を聞いた。

 

フクイチ本のイメージが強かったので、

今回も同じと思ってたら、サイズは普通のハードカバーの本と同じ。

しかし読まないまま講演を聞いたんだよな。。

 

私は多分、一生直接的な交流がなかったとしても、

けっこう東さんとは深い部分での考えが似ている気がするので、

本を完全に読んでいなくても直観で理解することが割とできちゃうと思う。

とはいえ「散種」とかの用語については、

家帰って調べないとさっぱりわからん、というのはあったけど。

デリダの言葉でフランス語)

 

全体的に思うのは、彼は私なんかよりはるかに真面目なのだろう、

ということと、

レベルの低い質問をされたときの返しのシャープさを見て、

これは普段かなり高度にものを考えてないとできないな、

みたいなとこかな。

あれさ、普通にテレビとかでああいう質問があって答えるとしたら、

みんな適当に謝ってうやむやに終わらすと思うんだけど、

かなりぐうの音も出ないほどに言い返してたもんね。

 

んで、自分自身がかなり、

普段から物事を批評的な感じで見ているのかもしれない、

という気がした。

要はさ、「自分はこのコミュニティの構成要員であり、

ここに属していることを完璧に許されてる」

みたいな安心感をどこででも持てないので、

常に、あんまり「うちら」みたいな感覚を持てないんだよね。

友と敵に分けるならだいたい常に四面楚歌みたいな。

 

しかし、まぁなんだろ、

これまでの人間関係で否定されたり無視されたりしてきたことを、

けっこう多くの部分で「いいんじゃね」と言われる感じというのは、

知性ってやっぱいいなと思うわけで。

最近、「リライフ」っていうマンガをツタヤで立ち読みしてて、

「なんか人生を生き直す話らしい」と姉に話すと、

あの人はスピ系なので、

「自分は生き直しとか必要ないと思う」と断言された。

で、そういうのは地味にショックなんだよ。

毎日のように「こんなはずじゃなかった」と後悔の念に苛まれてるような、

私のようなネガティブな人間からすると。

 

でもそこを、「もしかしたらあるかもしれなかった人生を、常に考えながら人間は生きていて、

むしろ無数にあったはずの他の選択肢を排除した結果が今である、

なので今この現実以外の、他の可能性も一緒に生きている」

みたいなことを東さんが話してた時、

「だよね。。」となんかホッとした。

欲張りかもしれないけど、「あのとき、こっちを選んでれば、

今はもっとよかったかもしれないのに」とは、

常にうじうじ考えて悩んでしまうんですよ、人は。

んで、そこをスピ系の人なんかは、

乱暴に「それはネガティブです」

「選んだ方こそが必然です」と否定するから無粋だなと思うわけ。

 

あと、「家族とは常に偶然だ」みたいなのも、

「だよね」と。

そこもさ、スピ系の人って「それこそが必然である!」と断じてきて、

そうやって断じると自分の気持ちは楽なんだろうけど、

でも、そこにそんな強い意味を持たせてもしょうがないというか、

家族であれ似てないし、考えも全然違うし、

「血がそうさせる」とかも別にないし、と思う方が私は性に合ってて。

家族とか血縁に特別な意味を持たせないで、そこから自由になるというのは、

けっこう気が楽なんだよね。

親孝行とかを強要されなくて済むしさ(汗)

実際、何を話すのももうあきらめてるし。

 

それにしても私は、結局何かあると「フランス」ということと、

キリスト教」にけっこうぶち当たることが少なくない。

私自身は全く信者ではないけど、行った学校がミッション系で、

深い話の出来る人にもそっち系が多い気がするなあ。

 

まぁ一番心強かったのは、

「今現在支持されているものは未来を変えない、

なので常に未来を変えるものはマイノリティである」という話。

そういうふうにはっきり自覚したことがなかったので、

「確かに」と思えた。

 

ま、自分もそうなんだけど、

結局型破りなものにしか活路を見いだせないのかもね。

なんかさ、周囲の人を見てると、

もうわかり切ったことを確認し合うのがめちゃくちゃ楽しそうというか、

何も面白くもなく当たり前のことを話して盛り上がれるのが、

むしろうらやましい。

職場でも「明日ってタイムカード提出ですよね」「そうそう!ですよね!」

みたいな無意味な会話で楽しそうにしてるのよく見るし、

そういうささいな会話で「われわれは敵ではないですよ」と確認できて楽しいのかもしれないけど、

そんなん口に出さなくても分かり切ってるしなあ、と聞いてて思う。

その程度のことを言わなきゃならないというのは、

自分が考えているようなことを会話するところには到達できないな、

といつもあきらめてしまう。

要は何を話すかじゃなく「話した事実」「交流した事実」のほうが重要で、

「口動かして何か言って相手も反応して体使って笑った」

みたいな、ほとんど運動みたいなことしか起きていない。

それで連帯感築けるってある意味大したものというか、

自己暗示でしょうね。

「敵とみなさなければ自分も味方だと思ってもらえる」みたいな。

けど私は、どんなに頑張ってそういうところに合わせてみても、

次の瞬間には裏切られたりバカにされたりという経験が多すぎて、

「結局、本音の部分で合わない人に無理に合わせてもしょうがない」という感じ。

なのでまあ、雑談のたぐいはほんと好きではないけど、

それだと今は「アスペ」とか言われかねないからなあ。。。

女性によくある「解決策とか関係なく、ただ吐き出すだけで楽になる」

みたいなのも、「カロリー使ってスッキリ」みたいなことかなと思うけど。

口動かして運動することで「なんかストレス減った」

というだけのことで、

正直何の中身もなかったりするし。。

 

まぁ、東さんの話はだいぶ特殊な話なんだけど、

今は特に、リアルタイムでの情報に接するのが苦痛というか、

こんなにテレビを見るのが苦行に感じることもないというか。

やれ海老蔵だ、ジャニーズだ、豊洲だ、藤井4段だ、愛ちゃん妊娠だ、とかさ、

全部自分に関係ないしどーでもいい。

社会から退却するにはいい時期かもしれない。。。

 

東さんの話は、割とスケールが膨大というか、

ほっとくとどこまででも広がってしまうので、

どこで切るかというのもある気はするけど。

まぁおよそ常識でものを考えてたら理解できないことで、

で、そういうところがやっぱシンパシーを感じるとこかもしれない。

この前みうらじゅんの話聞いてて、

相変わらず「バカなの?」みたいな話なんだけど、

ああいう人に私は常に救われてきたので。。

まあやっかいですね。。

どうでもいいけど、自分が月星座ではみずがめ座で、

いちいち判断しないと気が済まないとこがあるのと、

太陽星座ではうお座なので、

何事もはっきりできないという自己矛盾はかなりあるのかもとか一応考えたりもする。

まぁヒトの内面ってわかんないですよ、常に。。。

 

あと、最近考えてたオウムのこととかも関係するんだけど、

「自分がテロリストになる偶然性」って話で、

「例えば、秋葉原の事件の犯人とかに対して、

『自分もああなっていたかもしれない』との言説があまりにもなさすぎる、

そのあたりへの想像力がなくなってる」というのはまさにそうかなと。

もう少し小さいコミュニティだと仮定するとわかりやすいんだけど、

自分の住む小さい村にああいう若者が出現したとして、

結局、村から排除して終わるのか、

包摂するのかという。

まぁ、排除は簡単なんだけど、何も変化はないよね。

そういう人をただの異物とみなすか、

自分らが生み出したと考えるかという。

今は切断して終わり、があまりにも多いよね。。

広告を非表示にする