読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

えーと。。

少々しつこいかなと思いながら、

バンクーバー五輪時の演技の点数を調べてみました。。。

 

それが正しいのであれば、

GOEっていう出来栄え点が、某選手はほとんどついてない。

要はジャンプの質がそれほどよくないということ。

これ実は前から知ってたんだけど、全く公には語られてないんだよね。

いや、素朴に疑問だったんですよ、

なんで3Aは基礎点が高いはずなのに、3-3のほうが点が取れるのかと。

最近の男子の4回転も、それだけで点数が10点とか変わるくらい、

ジャンプの点数は結果を左右しますから。

答えはGOEにあったというわけですね。。

 

この前、いかに羽生君が凄いかを息巻いて言ってたワイドショーがあったけど、

彼らによると、ジャンプを「跳びますよー」という準備時間が長いのはだめで、

助走が少なくすぐに跳んで、直後に別の技を入れるような構成が難易度が高い、

みたいに絶賛してた。

「他の選手は助走が長い」とか言って。

 

これをまんま当てはめるなら、

某選手はだめってことですよ。

というか、GOEで数字に表れてるから。2010年の時点でだよ。

一方でそういう理屈で選手を絶賛しながら、

それの全然できていない選手のことを「日本中が愛した」

「人間とは思えない」「修行僧のような練習量」「天使か妖精」と、

歯の浮くような褒め方をするって、どういう感性なんですかね。。

 

私は元々スケートってそんな大した興味はなくて、

自分がやるのはちょっと好きだったんですよ。

本格的に習ったとかはないけど、他の球技とかのスポーツに比べたら、

バランスを取るだけでいいんで、割と好きで。

で、某選手と同世代の選手とかも多かったけど、全く興味はなくて。

 

ただ、大ちゃんのプログラムには、

振付師のセンスがすごく出ていて、

選曲や振り付けが芸術的で、そういうところに惹かれたんだよね。

 

なのでまぁ、そういうものに恵まれるかっていうのもあるだろうけど、

ライバルに対して「○○はジャッジを買収した」とまで言っていたファンは、

やっぱちょっと怖いものがある。

もともと私には、国とか関係なく好きな選手や演技があったので、

そういう人は応援するけど、興味がなければそんな見ないし。。

 

それと同時に、何の根拠もなく人を持ち上げたり、

ぞんざいに扱ったりするマスコミにも、

やっぱとことん適当なんだな、と思わざるを得ない。

ソチのフリーってやたら言うけど、

私はショートが終わった時本当に呆れたというか、

失望したよ。

「持ち直した」とか「感動した」っていうけど、

あれこそ「ものは言いよう」というかさ。

ただ単に惨敗しただけなんだよ。。

 

正直、別にオタクでもファンでも何でもなく五輪をたまたま普通に見た視聴者が、

「こっちの演技がいいな、惹かれるな」というので、

ちゃんと当たっているということはさ、

騒いでいるマスコミがいかにちゃんと見ていないかということ。

 

いろいろなことに同じことが起きているとしたら、

相当怖いことだね。

先日の世界選手権も、女子はとんでもない夜中に放送してたし、

扱いが酷い。。