読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

うん。。

電話野郎滅びろ、の人の気持ちだいたいわかる、

ってか概ね同意。

別に電話に罪があるわけではなくて、

示し合わせた通話なら構わないわけでしょ。

私は音楽のレッスンをskypeで受けているけど、

そういう使い方であればきっとOKなのではないかと。

 

要は、電話でなければ伝わらない用事でないかぎり、

不用意にかけてくんなということだと思う。

現に、かかってくる電話のほとんどは、

かけ直すことのない、放置で終わるものばかりなので。。

 

 

最近、FBだけじゃなくツイッターも見なくなってきて、

そうなったらなったで、楽でもあるけど弊害もある。

 

そもそも、人と分かり合うことが相当難しい性格なのに、

そうやって自分の意志に忠実に従っていくと、

結局誰のことも好きになれなくなる。

だってさ、SNSとかで、どこまでが本音か知らないけど、

きれいごとのオンパレードの投稿見てさ、

誰のことを好きになれるというのよ。

そういうのを毎日毎日見させられたら、

どんなにもともと好きな人であっても嫌いになる。

なーんか無難に人をほめてるだけの投稿ばっかだよ?

結局自分を良く見せるためのプレゼンの場でしかないから、

そういうので真に人を信頼するとか分かり合うとかは、

どだい不可能なんですよ。

 

当初は、多少我慢して、無難なやり取りを演じよう、

と思っていたからこそ参加できた場であって、

「そのすべてがバカバカしい」と思うようになると、

もう一つとしてまともに見ることができない。

 

今の時代の何が辛いって、

みんながみんなSNSなんかで偽善者を演じる、

もしくは本気できれいごとを信じているので、

誰一人好きになれないし、好きになれるカルチャーがなくなるってことなんだよ。

そんなものを好きになれるくらいなら、サブカルにのめり込んでないし、

ロックなんか聴いてないわけで。

本音を言えるような場があっても何も出てこない、って、

物を作る人間として致命的な気がするけど。。。

 

あたかも、裏表のない人間が善人みたいに今は思われるけど、

多少ともものを考えていたらそんな単純に生きられるはずがない。

 

さっき、あるクリエイターが、

ポッドキャストみたいなやつで、

「中古屋で自分の作品を買うくらいなら、買っていただかなくてけっこう、

応援してると言うなら定価で買え」と力説していて、

なんかいやになってしまった。

まぁ理屈はそうなんだけど、あそこまでネチネチ言われるとちょっとねえ。。