読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

うーん。

よくコールセンターとか運営してるとこの研修で、

「笑声」で話す、というのがあるんだけど、

まぁこういう業界のしょうもない造語ですよ。

不機嫌な声ではなく「笑っているようなトーンで」というんだけど、

これさ、某局の記者で常に「笑声」の人がいて、

なんかね、非常に耳についてあんまり印象が良くない。

 

というのは、ものすごく重いシリアスなニュースを読むときも、

常にはしゃいだような半笑いみたいなトーンの声で、

一切悲しみが伝わってこないというか、

正直ちょっと呆れてしまう。

ニュースって、なんか半分以上シリアスな内容なんだけど、

何の重みもない。

 

これ聞くと、確かにトーンって大事なのかもしれないけど、

笑声も良し悪しよ。

私はそういう声出せないから電話の仕事は避けてるけど、

声を仕事で使うってけっこうハードル高い。

 

つーか、あの記者変わってもらいたい。。。