読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

んー。

今日は結局、今の家からかなり遠い、

実家方面にある職場に面接に行ったんだけど、

やっぱ通勤厳しそう。

交通費が出るっていうのはありがたいけど、

朝は1分でも長く寝てたいしね。。。

 

なんかさ、実家離れて生活してるけど、

前にも書いたけど、とにかく若いときは、

地方出身でバカにされることがしんどかったし、

実際問題、話の合う相手も全然いなくて孤立状態でもあったし。

ただ、ネットが発達したり、

どこに住んでもそこそこ同じようなものが手に入る時代になって、

それでも私は友達とか理解者に恵まれないでいて。

 

というか、ぶっちゃけ一回東京に行ってるし、

もうさほど強いコンプレックスはないわけよ。

自分の地元に関しては、もともと悪印象はそんなになくて、

それより隣の県の人間に差別を受けてきたのが許せなかったんだけど、

それももう、気が済んだというか、

気は済んでないけど、やっぱりその隣の県の人とは合わない。

いろいろ考えてくと、ノマドワーカーみたいになって、

出身地がどうとか、そういう概念自体無効化できないのかなと思う。

個人個人という単位で見れば、

気の合う人もいるかもしれないし。

 

要は、どこにいてもPCで仕事ができるなら、

出身地とかそんなしょうもないことで悩む必要がなくなると思うんだよね。

もともと私がネットを始めた理由も、

SNSとかでリアルと地続きの交流とかでは一切なくて、

出身地とか抜きにして、ネットで気の合う人と知り合えないかってことだったんだけど、

まぁ今は後退してますけどね。

もともとはリアルで付された記号をとっぱらって交流ができないかってことだったから。

結局地元でつるむんじゃもうどうしようもないというか。。

 

東京でも、郊外はうちのいなかとさほど差がなかったりもするし、

今日行った会社もそこそこの街中にあって、

けどそんなにごみごみもしてなくてちょうどよくて、

どうせ過ごすならごみごみしていないほうが楽だし。

とにかく、そういう街の名前とか県名とか、それだけのイメージでどうこう言われるのは二度とゴメンというか。

 

多分なんとなく、

「場所にとらわれる必要はないのかも」と思うようになったのは、

skype使って遠隔でレッスンとか受けて、「なーんだ」という感じになったからで、

けっこう、あの瞬時に距離を越えて話が合う感じというのが、

インフラさえ整えばこんな簡単だったんだという、拍子抜けに近いものがあって、

孤独に悩んできた長い年月は一体何だったのかと。。。

 

もちろん全部が遠隔で済むとは思わないけど、

もっと昔なら、東京に住んでないと不可能だったことができているわけで、

あと、競争率が激しいと思い込んでたことが意外とそうでもなかったという。

自分ほど執念深く音楽やりたいとこだわってる人間が少ないような気がする。。。

 

音楽って、活動している場所のイメージで見られがちなので、

どうしても東京行かないと「ダサい」と思われがちで、

実際地方在住のまま売れ続けるのって難しいと思う。

東京でしのぎを削ってこその音楽とか、そういう雰囲気ってあるし。

ただ、今であればネットの発達で、

そういうことも少し変わるような気がしないでもない。

 

私さ、地方色を出すとか、

出身地にこだわるのって、結局、

それ以外の土地の人を締め出すことに等しいと思うんだよね。

けどもし自分が、「同じ出身地ですね!」ってことだけで仲良くされても、

「出身が同じだからって気が合うわけじゃないし」と冷めた気持ちになりそうな気がする。

なので私は、地元に戻ろうが、

今いる地方都市にとどまろうが、

別に「ここが自分の居場所」とかはもうそんな思えないというか、

そもそも方言ももうそんな使えないし、

方言丸出しで接してこられると怖い。

 

実家に近い会社で働いてもいいけど、

今よりももっとさらに、周囲との接し方がわからない気がする。

そんなに全国から人が集まるような都市ではないし、

地元色を出してこられるだろうな、と思うと警戒する。

自分も地元民なのに。

問答無用で仲間にされ、土足で踏み込んでこられそうで非常に怖い。

そういうのもあって地元離れてるからね。。。

 

まぁ精神的には、東京が一番楽で、帰属意識もあるし、

一から自分一人で慣れていった街だから、

戻りたいっちゃ戻りたい。

それもタイミングかなあ。。

東京以外はどこにいてもしっくりこない気がするんだよなあ。。