読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

うーん

怖いわー。

やっぱディストピアの発端は携帯なんですかね。

なんかセキルバーグみたいだけど。。。

 

SNSチェックは一般常識」とか言う経営者か。

トランプがあれだけ呆れられているというのに。

 

ツイッターってね、確かに震災の時とかは、

情報集めたりするのに役立ったり、

安否確認とかになったのかもしれない。

けどそれは、あくまで非常時という話であり、

SNSが「当然のインフラ」みたいにまで言われるのは、

違和感というか、そっちに非常識なものを感じる。

 

SNSのみでかろうじてつながっている縁とかもなくはないけど、

それも、いつ失われても仕方がないという諦めのもとにあるし、

ツイートが全部消えたとしても何も困らないし、

連絡を取らないっていうのはそれほど用事とかはないわけよ。

だいたいが、web上の日記に始まり、ブログ、SNSと変化してきて、

けど、そのうちのどれ一つとっても「必須インフラ」にはなっていない。

携帯番号すら必須ではないよ。

LINEは言うまでもないよね。

 

webでの交流とか情報交換はあくまで補助的なツールで、

そのすべてが失われたとしても、

たかが20年前の暮らしに戻るだけのこと。

それって、携帯が普及したときに、

「こんなもんいる?連絡つけられたくないときもあるんですけど」

という感覚を覚えた人にとっては、さほどおかしなものではないし、

今も携帯を持たない人も一定数いると思うよ。

 

なんせ、派遣会社が登録時に、

必須として携帯番号・キャリアメールのアドレスを書かせるようになったのが、

私は最も違和感があって、

たまに携帯捨てたくなる衝動に駆られるのはそういうのがあったりもする。

そういう感じで生活しているから、

SNSなんて「最もどうでもよいものの一つ」としか思えないし、

というか早く滅んでくれとすら思うのに、

学生のFBでの投稿内容を人事が調べたり、

経営者が「ツイッター見ろよ」と強要したり、

ほんとわけがわからない。

 

私にとってネットは、常に「遊びの延長線上」にあったし、

だからSNSなんてほんと別にいつなくなっても困らないどころか、

早く廃れてほしいと強く願う。

だから、自分の信条みたいなものをああいうので垂れ流しているってこと自体、

使い方がわからんというか、

むしろツイートはマイナスにしかならないと思う。

ああいうものでの過去の発言なんて、マイナスでしかないわ。

ネット環境がないという人がいたらそれだけで「非常識」扱いってことだし。

こわ。。。

 

なんか例のツイートに賛同するようなコメがつきはじめてるけど、

なんなんすかね。

ブログやSNSがその人の全てだと思ってんのかな?

ビジネスパーソン()は。

私はITの会社にも何度かいたけど、

SNSはおろかブログも何も見せ合うような習慣は皆無でしたよ。

そんな大上段なことを書かないし。。。