読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えーと。。

「できれば人と話したくないけどそれでお金稼げるのか」

みたいなやつにブコメつけたけど、

多分、微妙に感覚が違うんだろうな、人によって。

 

私の場合ははっきりしていて、

エンドユーザーと電話で話すとか、接客とかはけっこう平気なのよ。

一番嫌いなのは、同僚とお昼食べるとか、

近くの席の人との雑談。

どれだけ話しても多分仲良くなれない、

よほど気が合っていなければ。

元来、客と電話で話せるとか、接客ができるんであればお金もらえるはずなんだよね。

けど、なんか社会って「周囲との協調性」とかそういうのも求めてくるから。

 

私は楽器習ってる先生とかとは、ほんと話に困ることないばかりか、

気まずくなることもほぼない。

生まれてこの方、「こんなに話すのが楽な人種はいない」ってくらい、

音楽やってる人と話すのは本当に楽しい。

それと対をなすかのように、

ものを作るとかクリエイティブな面がない一般の人と話すことが、

ほんと苦痛でしょうがない。

前にシステム系の会社に行ってた時は、

たまたま年が近くて、笑いのツボが似てる人らがいて、

ギリギリそういうところならなんとかなるんだけど、

地方丸出しのおじさん達とか、

古い価値観の権化のような人たちがいるところは絶対無理。

敬語で話せて距離置いて付き合える人じゃないと。

戸籍調査みたいな会話しかできない人って、地方にはほんと多いよ。

まあ無理だね。

 

最初に働いたのって接客で、アパレルだったけど、

お昼は交代で入るし、みんなで食べるとかもしなくていいので、

そこらへんは楽だった。

けど、話の合う人があんまいなかった。

ほんとにたまたま、サブカル好きな人が先輩にいたから、

唯一相談とかしてたけど、

その人に「こんな封建的な店辞めろ」と強く勧められ、

なんか辞める流れになってしまったんだけど。。。

 

ま、声出しとか苦手だし、

体育会系のノリの飲み会とか、アパレルでもありがちなんで、

文化系の店以外無理ですね。

もっと若いときは、「神経質な人に向いてる仕事」とかの本を真剣に読んでて、

駅の売店とか、一人で成立する仕事もなくはない、と書いてあって、

けっこう激励されてた。

神経質な人がかえって向いている仕事もあるし、

そういう人は結婚すると精神が安定する、とも書いてあった。

結局結婚できてないけど。。。