読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

ふーん。

headlines.yahoo.co.jp

 

昨日の「クロ現」でさ、太田社長が、

堀北引退を「とてもさわやかな形での引退」とか持ち上げてて、

「はぁ?」と相当の違和感があってさ、

結局比較して清水さんや能年さんをディスってるわけじゃん。

なんか事務所はお金かけてタレント育てているんだから云々、

コミュニケーションを取らないから云々、

みたいな、ご意見番みたいな雰囲気がどうもカチンと来た。

 

よく「円満退社」というけど、

どんなに根回しを完璧にやろうが、筋の通っているような理由があろうが、

「辞める」ってことはトラブルなんですよ。

普通の人が会社辞める時だって同じ。

定年退職と契約満了以外の退社は「悪」である、

そういう社会だから、

強引に押し切ってやめなきゃいけないことは、話題にならないだけでいくらでもあると思う。

そういうことなんも知らないで、堀北だけ美談にするのは、

問題を何もわかってないというか、

「こっちはいいけどあっちはだめ」の基準がほんとわからないし、

こんなものただの感情論でしかないと呆れる。

そもそもが、「芸能人の引退について」という番組を見させられている時点で、

「ハァ?」でもあるんですけど。

 

結婚・出産がそんな「さわやかで円満な退社」の理由なの?

会社でそういう人いてもそんな祝福ばかりはされないし、

なんか差別に思えますけど。

妊娠した、と告げると本当に苦々しい反応をする会社もあるみたいよ。

特に産休明けすぐとかだとね。

 

別に堀北さんが特に偉いわけでもなんでもないでしょ。

どっちかといえば主体性があるのは清水さんとも言える。

自らの意志で全て決めて実行したんだから。

なし崩しに言い寄られて結婚、妊娠でなし崩しに産休・引退よりかはさ、

主体性があるとも言えますよ。

だってさ、堀北さんはまだ若いんだし、

事務所は産休あけたらそりゃ戻そうとするでしょ。

そんくらい拘束力が強いとも言えるし、

電撃結婚の時点ですでに火種はあったわけだから。

 

そんじゃあさ、小劇場出身とかで、

「事務所に育ててもらった」「多額の資金を投資された」

というのがない人なら別に当てはまらないってことですかね。

 

「周囲を怒らせないように」「トラブルにならないように」

ってことばっかり考えてたら、できないこともある。

というか、怒るっていうのがよくわからない。。

「代えがきかない仕事」って昨日言ってたけど、

こんだけなりたい人が大勢いて、いくらでも代わりのいる業界もほかにないって。

もともと、「この人がいないと回らない」

になっちゃう職場はダメという定説がすでにあるんだから。

そういうシステムがクソであると。。