読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うーん

いきものがかりの人の対談をうっかり見ちゃったんだけど、

やっぱ根本的に人種が違うと感じた。

もともと曲も一切聴かないんだけどね。

「人は結局他人と分かり合えない」的なことは、

日々叩き込まれて実感していればいるほど口には出せない。

ああいう、結局仲間を得て成功した人のメンタリティって、

やはり自分にはわかんないのかも。

 

同じようなことを言っても全くいやみにならない人もたくさんいるのに、

なんでかなあ。

「実はこの人自信家だ」みたいなのはどうも苦手。

 

んで、ああいうものを作っている人が、

自分の作品を「大衆歌」って言ったり、戦略語っちゃったりすると、

ファンはものすごい興ざめじゃないかなあ。

どこといって影のないさわやかな感じのバンドなのに、

裏側を語られるとなんか怖い。

私がずっと聴いてきたものは、いきなり裏側から、

本音から斬り込むもんばっかりなので、

さわやかな人にはなるべくさわやかさを貫いてほしいっていうか。

 

なんかつまらないな。。。