読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

ううーん。。

なんだろう、

ネットとかSNSだからといって、

今までネットでやらかしていても、

新しく知り合う人はそのこと知らないから帳消しになるとか、

本気で思っていそうなクズがいて怖い。

もちろん、関わったけど気が合わなかったとか、

そういう類の人間関係の入れ替わりはあるよ。

けど、盛大にやらかして、信頼なくして、

リアルでやったこと晒されて女性に恨まれて、みたいな一連のことを、

みんな見ているというのに、

それでも懲りずに合コン企画とかする男の気が知れない。

 

でもまああれよね、

犯罪に関わるような人も、前兆がありながら止められないことがほとんどだし、

クズ男ってのはエンドレスでクズなのかもしれない。

 

その合コンの募集内容を見てもさ、

これまでSNSで関わってきた人を全否定なんだよ。

そんなヤバイ状況で、いい出会いを求められると本気で思えるメンタルが怖い。。。

信頼関係ってどうやって得られるのか心底理解できていないんだろうね。

 

感情的に裏切らない相手というのは、ある意味セーフティーネットで、

長い間それが得られなかった私は本当に死を考えるほどだった。

家族がけっこうダメだったから。

今は、そんながっちりした関係があるわけでもないけど、

誰一人分かり合えないと絶望するほどでもない。

ある程度、異性であってもただのセフレとかではなく、

LINEだけの友達であっても、

「この人であれば裏切らない」「ちゃんと話を聞いてくれる」と思える関係を持てているからかもしれない。

 

くだんのクズ男は、おそらくそういうものを何ひとつ築くことができないで、

実際に話したりLINEのやり取りとかを女性とすれば、

かなりの高確率で関係を壊すか、相手を傷つけることしかできないのに、

「今度こそ真剣に相手探す」みたいな寝言を言ってるんだよね。

 

根本敬さんのエッセイで、

大学時代に知り合ったクズ男を研究してるのがあるんだけど、

けっこう感慨深いものがありますね。

こんなにすがすがしいほどのクズが存在するというのがね。

普通は誰のことも、それなりに「でも、いいところもあるし」

という見方をするものだけど、

そう思える要素がほんとないというか。。

残念ながらそういう人もいるんだというか。

 

悲しいけど、どうしようもないことってのはあるよね。

自分がそういうことに関わりたくはないけど。。。