読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

疲れる。。。

某あまりメジャーでないSNSにいるんだけど、

なんかみんな、マイナーだからなのか、

言いたい放題に好き勝手なことばかり書く。

主に他のユーザーを見下してバカにして、

「こんなこと言ってきた人がいた」「こんなこと書いてたヤツがいた、ありえない」

みたいなこと。

 

私個人はそういう人間は問答無用でスルーなんだけど、

それが割に共感を集めちゃっていることに驚嘆する。

 

その場に居ながらその場の悪口を言う、というのは、

真にそこを改革する必要があるときは別だけど、

正直最低な行為だと思うんだ。

たとえばイベント会場でみんなが盛り上がっているときに、

「おまえら、何が楽しくてこんなとこ来るんだバカどもが」と言ったりする行為に等しく、

追放されても文句は言えないほどの論外な発言だと思う。

 

私はそうした発言には共感を示さないし、

仮に共感しても何もアクションしない。

そういう脊髄反射こそが、「お里が知れる」ふるまいだということは、

ネット歴もそこそこ長くなってくるとわかってくることなので。

何を「くだらない」と思うかで、人間の質を問われるような気がする。

 

私が笑ってしまうのは、人をこき下ろしておいて、

「まぁ、自分も人のことは言えないが」とあとからエクスキューズを書く神経ね。

そういうこと書いとけば免罪符になるとでも思うんだろうか。

 

だったら書くな、最初から。

キーボードを叩くことも、スマホを操作することも、

誰かに強制されていることじゃない。

書き込む前にいくらでも考える時間はあるはず。

だってSNSだよ。

ああいうところですら、人の文句しか書けないようなバカは、

実生活をまともに送れているはずがない。

たかがSNSですら、「書かない我慢」のできない程度の輩は、

普通の生活での我慢なんてできるわけがない。

 

そういうやつがさ、なんかレスリングの吉田に感動したらしくて、

激励するようなこと書いてたけど、笑わせんなよと。

普段のお前の発言クズだから。

そういう人間が、何故か取って付けたようにああいうのに感動すんだよね。

安い。

あまりにもしょうもなさすぎる。

久々に、FB見た時の鳥肌みたいな感覚に襲われた。

あの、「感動話のシェア」ね。

どーーーーでもいい。

一人で勝手に感動してろよ。

書くことないなら何も書かなくていいんだよ?SNSは。。。