読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

自分の考えをまとめ記録しているブログなので、批判ブコメの類はご遠慮ください。削除します。

ほほう。。

今さ、某SNSをやってるんだけど。

FBじゃないですよ。

FBみたいな、リアルの人間関係を前提とした偽善・リア充ツールはもう絶対関わりたくない。

そうではなくて、匿名のけっこうマイナーなやつなんですけど。

 

でね、私の場合、

大抵どのSNSでも「ウォッチ」対象になってしまう。

どうしてかといえば、「誰と絡んでも面白くなく、大した実りもない」からです。

まず、いろいろとアプローチしてくる人の8割はつまらないし、

下手に人とつながっても、そいつを好きな女に攻撃されたり、

何かと牽制されてまともに関われたもんじゃない。

「誰が誰とつながっているか」というのが丸見えというのが、

ネットの不粋なところよね。

やり取りの内容までバレバレ。しかも年齢も。

年齢バラされた状態で「友だち」としていろんな人とつながるとか、

ある程度までの若者にしか許されないでしょ。公開処刑か。

まあこの辺は、ツイッターのリプライとかのほうがよほどイライラするんだけどね。

 

今関わっているサイトは、比較的マイナーであり、また、

ウォッチするにしてもそこまで変な人って、

自分が変なことを発信してないから来ないんですよ。

日記とか見ても、ちょっと言うことが小寒い程度で。

しかし。

ウォッチ対象として面白い物を見つけてしまった。。。

 

それは20代男性で、自分の性に関する考え方を真面目に綴った日記などで、

「今までどのように性に関して努力してきたか、

他の男性がいかに女性に対しての接し方が雑であるか」を、

長文日記で主張してあった。

 

うーん、まあ、言っていることがひどく的外れってわけでもないんだけど、

どうしても、遊んでる感とか不潔感が否定できず、

自分の見た目への自信(相手に不自由しなかった的な)も当然垣間見える。

あと、日記以外の、一言つぶやくみたいなやつで、

「最近の学生は、ガラケー時代の○○とかわからないんでしょうなあ」

とか書いてて、失笑せざるをえなかった。

お前より年上の人間のほうが遥かに多いんだよ。

それでも「着メロ作った思い出が云々」とか「J-Phoneの写メールが」とか、

そんなこと誰も言わない。

理由は「ウザい」からです。

 

この20代前半の男性は、

20代前半にして、もうメンタリティがオヤジなんだよ。

たかが20代で他人(主に他の男性)に性のことを指南したり、

もはやオヤジですらしない「家電の時代は電話の前で8時とか約束したよね~」

的なノスタルジーを話題にしてみたり。

オヤジたちですら学習してもうやらなくなったことを、

またぞろ始めてくるこの感覚が、雑でなくてなんなのだろう。

もう、既視感とかそんなレベルじゃない。

そういった意味で、彼は「素朴ないいやつ」と思えなくもない。

東京都内の人なのにね。

意外といなかっぽい感覚の人多いのよ、東京出身って。

自分の居住地しか見えてないってことなんだろうね。

そのうえで「自分はそこそこイケてる」って思えてるんだろうね。

3千万人が集まってる首都圏で。。

 

SNSって、人の能力とかをけっこうそのまんま露呈してくる、

私から見れば残酷なツールなんだけど、

その残酷さをここまでまともに表現している子は、

このSNS全盛、スマホ全盛時代には割と珍しい。

ガラケー全盛時代にも、スマホネイティブ世代にも入れなかった、

隙間の世代なのかもしれないね。

 

本当はウォッチなんかしたくないんです。

FBなんてリアルの知人だから、ウォッチなんてそもそも失礼だし。

だけどさ、リアルの知人とつながっている場で、

いい年した大人が2ちゃん用語やネットスラングで話したり、

職場の悪口をガンガン載せたり(具体的な職場の名前も記載してある)、

いくら公開範囲を狭くしたところでやっちゃいけないことでしょ。

だからこっちは「ロム専」にならざるを得ないし(巻き込み事故に遭いたくない)、

しまいにはロムっていることさえ苦痛になる。

タイムラインにあがってくるのが腹立たしくなるから。

で、やめるしかなくなってしまう。

 

なので、一応ウォッチが成り立つっていうのは、

まだましな状況なのかもしれないですね。

ほんとに不快だともう見ることさえ無理だもんね。。