読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわあ。。

私は別に、スピリチュアルとかを信じてるわけでもないんだけど、

自分の直感というか、なにげなく感じたことに関して、

意外とそれがすごい的を射たことだったりすることがあって、

そういうものには驚きを隠せない。

 

職場でさ、初めから感じの悪い若い男がいたのね。

リーダーのくせに人の好き嫌いがあって、対応を分けるやつで、

廊下で会ったりしても挨拶もせずシカトして、足早に去っていったり。

 

私はなんか、そいつの「声」というか、出してる空気も不快で、

しかも、変に若い女の子に無駄にくっついてるというか、

「今その指示いる?」「その子にだけその無駄な気遣い何?」

みたいな違和感があり、「仕事中にこいつは何をいちゃついているんだ?」

と、自分の頭の中でぐるぐるしていて。

 

ただ、得てしてこういうのは「やっかみ」と取られることも多く、

他の女の子に優しくしているのが気に入らないんでしょ、

みたいに言われてしまったらどうにもならない類のことで、

自分自身でも、「ちょっとそういうことに過敏すぎるのかな」

という感じで、割と流してしまっていて。

まぁどちらにしろその男は嫌いだったけど。

 

そしたら今日、そのくっつかれている女の子が、

入った初日にその男からLINEを聞かれ、「一緒に帰ろう」などと付きまとわれ、

プレゼントを渡され、今日残業できるかどうかの確認のためだけに、

執務室の外にまで呼び出され、

「君だけが頼りだから」などと意味不明なことを言われている、

と悩みを打ち明けられて、「うわあ」となったわけで。

 

なんとなくうっすら感じてたけど、「気のせい」と流してたことが、

こんなドンピシャだったって。。。と自分でもびっくりで。

やっぱね、「和やかに話している」状況と、

「いちゃついている」というのは、空気が違うんですよ。

で、後者は職場においてはすごい異質なものというか、

「その感じいるか?」というのを周囲に与えてしまうものがある。

 

ま、私はもともと関係ないわけで、

女のほうもまんざらではないかもしれないし、

関わる必要はないんですが、

「段取りがうんこ」とまで思うだけあって、クソな会社だなと。

そんなセクハラを野放しにしているなんて、今どきありえないよ。

 

ただ、ただね、ここで私がさらに「うわあ」ってなってるのが、

その男に先週の土曜日に、忙しいから出勤してほしい、と言われ、

一応行く予定にしてたわけよ。

それが何故か、いろいろな巡りあわせで行けなくなり、

それ以来、その男に私は職場で「干された」みたいな感じになって、

あんまり仕事の指示とかももらえなくなって、いづらかったわけ。

ただ、そんな中でも「もしかして、こいつと関わらないほうがいいから、

土曜日行けなくなったり、干されたりしたのかもしれない」という、

一抹の思いがあり、

干されてるのはけっこうきついといえばきついけど、

それには何か意味があるのかもしれない、という思いも拭えずにいて。

要は、今はわからなくても、その状況のほうが自分にとって結果的にはよかった、

みたいなことが背景にあるんじゃないかって。

その矢先の、「セクハラ被害報告」だったから、

「うげっ、やっぱり」という。。

「あんた関わらないほうがいいよ」という、そういうことのための、

仕事行けなくなったりのタイミングがあったのかもしれない。

 

人間て、そういう細かなタイミングが個人個人あると思うんですよ。

で、この人は平気だけどこの人は行けなくなる、みたいなことには、

行けなくなる人がさぼったとかそういうんでなくて、

「その事象に関わらないでいたほうが、

この人にとっては必要」みたいなことがあり、

たまたま居合わせた、たまたま聞いた、

たまたま知らなかったとかいうのも、意外と深いことのような気がするんだよね。

 

さらに思うのは、個人個人によって、そういった必要な情報が違うのだから、

お昼休みにぐだってそういうことを周囲としゃべったりするのはやめたほうがいいということ。

だってさ、くだんのセクハラ男についても、

私は「キモ。。。やっぱりか」という感想だったのに、おばちゃんらは、

「なんでこっちにはLINEを聞いてこないんだよ!」という怒り方をしていて(汗)、

おのずと、そういう違った感性の人らはそういう環境になっていくと思う。

若いとはいえ同性の女の子が、セクハラされて迷惑しているのに、

そのことを「うわー、怖いね、いやだよね」ではなく、

「若いっていいねえ」「自分は聞かれもしないのに」と、

そういう解釈になっちゃうおばはんってさ、

要するにセクハラしている男の言動が、「日頃からなんか不快」ということに気づいてないわけでしょ。

結局雑なんだよ。

雑な感性の人には結局雑な環境しか与えられない。

それは本当に、おのおの違う状況にあると言わざるを得ない。

 

私がその場所に「呼ばれていない」「ふさわしくない」のであれば、

居場所はなくなっていくだろうし、

体調悪くなったりバスが遅れたり、何らかの理由で行けなくなると思う。

それはそれでどうしようもないことだと私は思ってて、

真に自分が望まないことならなおさらだよね。

 

これについては他人に説明しても伝わらないからどうしようもない。

「呼ばれていない」とか言っても意味わかんないし。

でも呼ばれていないというのは実際あるんだよなあ。

呼ばれてない場所にはどうしても時間に間に合わなかったり、

天気が悪い、電車が止まるなどトラブルが起きたりして、

逆に呼ばれてるときには、自分が遅刻してもなんとかなったり、

スムーズに物事が進んだりもする。

それはほんと個人で違うから、

どっちがさぼったとかなんとかではないんですよ。

相性とかそういう類のことなのかな。

 

まあ、そのセクハラ男とは、見事に「関わらないほうがいい」

という状況が初めからあったわけで、

我ながら「直感はあなどれない」という感じですかね。。。

それにしても、底辺な会社だよね。

あんなセクハラ、普通であれば一瞬で降格とか左遷だと思うんだけどなあ。

若い女の子だから、派遣会社に苦情も言わないんですかね。

やりたい放題だな。。