読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あー。

realsound.jp

うーん、速水さんが特に好きってわけでもないんですが。。

 

私も「家族ゲーム」はなんか好きなんだよね。

あの映画はすごく変で、その変さしか語られなくて、

インパクトみたいなことしかないんだけど、

あの映画を見ていると、東京の寒々した感じを受け取ってしまう。

狭い校庭、受験戦争、マンションの住環境のひどさ、

ひそひそとしか話さない人々、

葬式をどこで出すかわからないと泣くマンション住人(戸川純)、等々。

 

私は、住んだことはあっても元々東京の人間ではないので、

もちろんあれが全てではないと思う。

私が住んだ東京は「都下」だったし、いかにもの都会ではなかったし。

けど、やっぱ都市の異常さみたいなものはあの映画のテーマではあると思う。

そういうのが個人的には好きで、東京自体も好きだけど、

まともではない面があるというのもわかる気がするし。

慣れちゃうと人の多さも普通になるんだけど、

用もないのにわざわざ街に行こうとは思わないしね。

 

私も速水さんと同じで、ムラ社会が心底肌に合わなくて、

都会に逃げたタイプなので、

安直に絆だのコミュニティだのと言うのは好きになれない。

若いときのあの、「年寄りをうまく扱える子こそ良い子で、いい嫁になる」

みたいな周りの価値観に虫酸が走る思いだったし。

基本的にいなかでは年寄りが一番偉いんだよね。

でもそんなことをしていたら封建社会は一向に進歩しない。

 

まぁ、そういった知性はゼロ年代以降は滅亡したんでしょうね。

ポエム居酒屋だの絆ブームだのが普通に受け入れられてるみたいだし。。

 

庵野秀明さんの「ラブ&ポップ」(村上龍原作)も、

東京を描いた映画としては割と好き。

まぁあれも異常ですけどね(汗)