読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うーん。。

不機嫌な果実」けっこうわけわかんないことになってますが。。。

 

Youtubeに97年版(石田ゆり子さん主演)があがってたので、見てたんだけど、

あまりの時代背景の違いに愕然としたというか。。。

あのころは景気が悪いということもなかったので、

みんなが平凡な日常に飽き飽きしてたんですかね。

そんな感じがした。

かといって堂々と不倫というのも気が引ける、みたいな。。

で、今やってるほうの夫はだいぶおかしいけど、

97年のほうは単に普通で面白みがないというだけ。

姑の役が岸田今日子さんだった。。

姑に対する敵意みたいなものがすごくて、ちょっと共感しづらいな。。

 

あの空気感で若い頃を過ごした人が、

結婚に夢も希望もないのは当たり前だよね。

すべては打算かよ、という感じだし。

今は出産も結婚も、まるで賞賛される行為のように、

「勝ち組」という言い方だけど、

あのドラマ見てたら「退屈の代表」みたいな感じだよね、

結婚生活なんて。。

 

やれ結婚記念日がどうのであんなにぶーぶー言うくらいなら、

一人でいたほうがましなんじゃないのかな。

「退屈だが縛られていたほうが、一人でいるよりはまし」

というのは、すごく醜悪な依存心にしか見えないんですが。。

 

今やっているやつのほうがはるかに狂っていて、

それでもまだ主人公に共感はできるから、

少しは時代も進化したということか。。