読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んー

東京に戻りたいというのは、地元に戻ってきてから1ヵ月後には言い始めて、

周囲からは呆れて無視されていたんだけど、実際つまらないよね。

 

「お金がたまらない人の習慣」とか読んでたら、

「疲れと雑念がお金を使わせる」と書いてあり、ほんとそうなのよ。

これ、phaさんもおんなじようなこと言ってて、すごい共感した。

働いてお金をもらったところで、さまざまな雑費がかかるし、

ストレスとかイライラを解消するために散財してしまう、

結局大したお金は残らず、何のために働いているかよくわからない、

意味のない堂々巡りに思える、と。

 

私の場合、人間関係とか、なんかそういう、

「周囲の、どうしても付き合わざるを得ない人達との会話」が本当にしんどく、

それは家族も同じことだったんですよ。

父親はとことん放置しておいてもいいけど、母とか姉は、

無視しているとけっこう面倒だし。

もちろん、話が合えば誰でも無視はしないけど。

職場などでは、話が合うというのはほぼ絶対に無理だから。

それでも、潤滑油的な会話はやっぱしないわけにはいかない。

そこから根掘り葉掘り聞かれるのはめんどくさい。

 

なんか、話すのが面倒というのは、

いちいち雑念が生まれるからなんですよね。

自分の考えというのはそこそこあって、話さなくても困らないんだけど、

人と会話することで動揺したり、感情が乱れたり、

影響受けていつもと違うことをしたり、

そういうのが、意外とエネルギーを使うというか、無駄なことが多い。

心にゆとりがあれば、そういうのを面白がれるし、

時間無駄にしたな、と思っても「まあいいか」と思えるのかもしれない。

 

けどそんなのは若いうちだけで、時間をドブに捨て続けると、

「もう後がない」というエライことになって、

そういう気持ちになってくると、なるべくしょうもない会話はしたくなくなる。

なるべく自分がしたいことや、興味のあること以外の付き合いはなくさないと、

いちいち人の愚痴とか聞いていたらきりがない。

 

自分の実家周辺の環境が嫌いとかではないし、

目も当てられないほどのクソ田舎でもないし、

むしろ中途半端な地方都市よりも好感持てるし、その程度なんですよ。

とことん追い詰められているわけでもない。

ショッピングモールとかのテナントも、最近は本気でそこそこ悪くないし。

でもやっぱ、話の合う人が皆無だと、ずっと生きていくのは難しい。

下手に親戚づきあいに勤しんだりしても、どんどん婚期を逃すだけというのも、もう経験済みだし。

 

何かほんと、一寸先は闇だよな。。

東京にはもう一回住まないといけないような気がする。

住んでいないとわからないことが多すぎるんだよ。。